スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年前半の印象的な銘柄

・マネースクエアJ(8728)

【特色】外為証拠金取引大手。未経験者、富裕層主体から取引経験者も囲い込み。自動発注機能が武器

自民党勝利=金融緩和=円安の構図から、年初から押し目もあまり見られずに買われ続けた銘柄。
為替が大きく動けばトリラピにより、会社の収益は向上、素人でも理解しやすい。
4月の金融緩和で完全に火がついた感じ、そこから株価は一直線に上昇。
その後、54万8千円のストップ高張り付き中の後場に大量の爆弾が落とされて、需給が崩壊、一時は25万円まで下がるも、冷静な投資家により再度拾われているのが現状。


気になってたのは流動性の低さ。
たいした押し目も見当たらず、ひたすら誰かに拾われてる印象。普通売り圧力が強くなると、不安な投資家は投げてくるのだけれど、それが一定ラインでとどまっては盛り返すその繰り返し。推測だが、4月の金融緩和時の頃には十分な量を仕込まれていたように思うが、それ以降、その動きに同調して仕込み続けた人もいるとみる。


※ポイ捨てされれば拾いつづけ、ただひたすら市場にこの銘柄の認知度(円安銘柄)が高まるのを待ち続けている、、、そんな印象を受けると同時にどこかのタイミングで投げてくるな、、、という怖さもあったので爆弾と同時に一緒に降りさせてもらった。本尊は機関投資家だったのかな。

スポンサーサイト

ファーマライズHD(2796)

銘柄名:ファーマライズHD(2796)
設立年:1984年6月
上場年:2007年2月
時価総額:31億円(H23.7.21)
営業CF:9億円(H23.5)
会社のHP:http://www.pharmarise.com/

事業内容:調剤薬局
平均年齢:33.4歳

成長性:M&Aを駆使して規模を拡大中。増資を実施し、資金は豊富。次年度も拡大路線?
収益性:同業他社と同等の収益性、M&Aで拡大、管理業務の効率化で向上してはいる。
効率性:ROEは直近で19%。ただし、レバレッジは十分に効かせている、負債は純資産の200%超。
(有価証券報告書で確認。)


【メモ】2011/7/21
・同業他社同様に、目下、M&Aで拡大路線継続中。
・規模が比較的小さい分、負債にかなり依存している。
・他調査中・・・・・


【コメント】2011/7/21
昨年度に一度軽く財務だけ調べていたが、負債が大きかったという理由で投資対象から薄れてしまっていた。ただ極端に割安な銘柄としてだけマークは継続していた。負債のレバレッジを生かして、今期大幅に利益を増加してきており、株価もそれにつられて急上昇。増資を機に伊藤忠と提携しているのが気になる。クオールみたいにファミマで併設店展開?

調剤関連銘柄はいまもなおM&Aを駆使して拡大路線をひた走っています。どこまで続くのか興味があります。

※この銘柄を推奨しているわけではなく、完全な管理人の銘柄メモです。

メデカジャパン(9707)

銘柄名:メデカジャパン(9707)
設立年:1976年12月
上場年:1990年2月
時価総額:59億円(H23.7.19)
営業CF:16億円(H23.5)
会社のHP:http://www.medcajapan.co.jp/

事業内容:介護施設「ユニマットそよ風」を運営。
平均年齢:35.9歳

成長性:臨床事業、不動産賃貸事業といった不採算事業の切り離し。介護事業の特化に伴い、減収中。
収益性:同業他社と違って事業の選択と集中が行われている途上。収益性は低い(改善は見られる)。
効率性:ROEは直近で17%。ただし、前々期以前で大幅損失を出しているため無視。
(有価証券報告書で確認。)


【メモ】2011/7/19
・創業者は病院の技師長、現在は経営陣から外れている。
・ユニマット傘下に入り、目下、再建途上の企業である。
・過去に日本アジアグループが筆頭株主に躍り出て経営改善を実行しようとしたが創業者に阻まれ失敗という話も。
・過去にBSに計上されていた巨額の不良債権は病院向けの融資のものであり、これが巨額の損失を生み出し、経営・財政状態悪化を招いていた。
・現在の経営陣は、親会社であるユニマットグループの息のかかったもの。
・介護事業施設のブランド名に「ユニマット」を入れることとなった。
・最終的にはユニマットグループにMBOされる?その場合、買い付け価格はユニマットの非上場にならってPBR1倍あたり?


【コメント】2011/7/19
もともと業績回復型の銘柄としてフォローしてましたが、調べれば調べるほど興味しんしんとなりました。
ユニマット傘下となってからは、過去の膿を出し切り、業績は向上している。膿も出し切ったことだし、いよいよ介護事業で拡大成長していこうという矢先に決算期の変更(親のユニマットにあわせる形で3月決算へ)。親によるTOBへ動くか、それとも上場維持か。かなり興味深い銘柄です。

※この銘柄を推奨しているわけではなく、完全な管理人の銘柄メモです。

名証IR EXPO 2011 

平日は行けないので土曜日に行ってきました。
名証IR EXPO 2011) 

実際に行って話を聞いてきた企業は次のとおり。
・三栄建築設計
・今仙電機
・中央紙器
・VTホールディングス



・三栄建築設計
狭い土地に三階建ての家を作ることができる技術に強みを持つ。(ニッチ戦略をとっている不動産会社です。)
東京都内では圧倒的な強さを持っており、その技術を今度は名古屋、大阪で試していくようです。
H22.8月期の決算内容について疑問点があったのでそれについて聞くと、
「この決算は金融危機以降に安値で仕入れが行えたから、異常に利益率が上がった。」とのこと。
また、「この年は例外ですので、ご注意ください」とも伝えてくれました。

なんでも金融危機発生後に、当社は一気に値下げを敢行し、他社に先駆けて在庫を圧縮できたようです。そして、他同業会社が過剰在庫・資金調達難に苦しんでいる隙に、当社はスリムな在庫状況・好調な営業成績を背景に金融機関から資金調達を行い、安値で土地を拾っていったとのことです。(それがあってのH22.8月期の利益率が達成できたとのこと。)

同業他社の状況も同時に聞くことができたので、そこそこ収穫がありました。



・今仙電機
自動車のシートアジャスタを作っている会社です。
H24.3月期は減益予想としているようですが、一番の得意先であるホンダの立ち直りが遅いようですね。利益が下期、もしくは次期にずれ込むと思われるので、フォローしていこうと思いました。


・中央紙器
段ボールケースを作っている会社。(トヨタグループ)
聞きたいところはH22.3月期より利益率が急激に改善していた点。
「みんなでコスト削減に励んだ結果だよ~。」と答えてくれましたが、本当にそうなのかな(^^;)
担当者の方々のノリが大手の子会社って感じがプンプンしました。笑
投資単元が1000株と高くて(90万円以上必要)、投資単元を下げる気はないのでしょうかときくと、

きっぱり「ない!」とのこと。

どうやら変な株主が入ってくるのが嫌なみたいで、とくに短期投資で遊ばれるもの嫌みたいです。
ただ事業の安定性がすごく魅力的ではあります☆きっと長期志向の株主が増えていくはず(^^)



・VTホールディングス
東海圏の自動車ディーラの会社です。
自動車ディーラーの会社は比較的どこも割安で放置されており、ここも例外ではありません。(PER3倍以下です。)
今まで自動車ディーラーのビジネス収益源について調べたことはなかったので、担当者の説明を聞いたときに、ちょっとした感銘を受けました。(まぁ、ただの勉強不足ではあるのですが^^;)

割安な理由として、有利子負債が高いなどの財務面を気にする投資家も多いと思いますが、借入金ができる会社っていうのはそれを可能にする強みがあるから出来るって捉え方もあります。(例えば、不動産会社なんかは借入金が多額に計上されているものですが、それは仕入れた土地や建物を担保にできるからです。)
まずは少しだけ拾ってみようかなって気になってます。


※ティアの社長さんの演説?も聞いてきました。業績内容そっちのけで自分の思い・ビジョンをえんえん語っていくその姿をじっと見ていたのですが、話を聞いている人の大半が老人の方々。もっと若い人に聞いてもらいたい!というオーラをところどころ感じました。

物流事業

投資の幅を広げるために、物流事業を勉強中。

書店で「よくわかるこれからの物流」という本を買ってきて読んでみる。

読んではみたものの、なかなかイメージが難しくて頭にスッと入ってこない(>_<)

もっと集中して読む必要があるみたい。苦笑


物流事業に興味を持ったきっかけは、業績は右肩上がりなのにもかかわらず、株価が右肩下がりである銘柄をみつけたことから始まりました。(こういうときは利益の中身が重要なので、セグメント情報を見ます。しかし、不審な点も見当たらない。。)

なぜなんだろう?

調剤銘柄や結婚式銘柄、介護銘柄もそうなんですが、PERが低すぎるのがまれにあります。
たいていは成長性を疑われてるという理屈で落ち着くものが大半なんですが、成長性も伴っている銘柄もなかにはあります。こうなると、流動性がないからだとか、負債が多いからだとか、何かにつけて理由をつけたくなるのが投資家心理ですね(^^;)

業種の時点で、投資対象から外されているからかな。

プロフィール

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。