スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFRS適用とMBO銘柄

日本企業の決算書は早ければ2015年からIFRS(国際財務報告基準)に基づいた財務諸表の作成が求められます。

このIFRSは世界中の企業で既に採用されている会計基準なんですが、日本とアメリカはまだ適用していない基準です。アメリカでの適用が決定されたら、日本もほぼ採用されること間違いないなしでしょう。


「IFRSになったら業績はどう変わるの?」

投資家の一番知りたいところはこの点だと思います。
会計処理の変更(のれんの非償却、減価償却の定率法から定額法へ、開発費の資産計上、リースの完全オンバランス化などなど)よりも、その変更によって変わる利益金額や経営指標。

IFRSが適用されると、利益の金額が増えたり減ったりしますし、また資産負債の金額が大きくなったりも考えられます。これに伴い利益率は減少・向上したりと経営指標も大きく変化する場合があり、投資家の企業分析に大きな影響を与えることが予想出来ます。

現行の会計基準との違いは、先行事例を通して、いずれこのブログでも少しずつ紹介していこうと思ってますが、今回はそれよりも前に起こるであろう変化について自分の考えを述べようと思います。





【日本のIFRS適用が決定されるとどうなるか?】
結論から言うと、『親子上場廃止に動く企業が増えるのでは。』と思われます。

日本のIFRS適用が決定されると、日本証券市場(東証・大証等)に上場している企業は、IFRSが強制適用されます。

IFRSに基づいた決算書の対象は連結財務諸表であり、ここで親子上場しているような企業だと、親でもIFRSに基づいた開示がなされ、さらに子でもIFRSに基づいた開示が必要となります。

親会社でIFRSに基づいた連結財務諸表をつくり、さらに子会社でもIFRSに基づいた連結財務諸表をつくるとなると、IFRS管理コストが余分にかかってしまいます。どうせなら、親会社でIFRS会計処理チームを作り、グループ全体の一元管理を行えば、子会社におけるそれをつくる必要ないので、コストが余分にかかりません。

また良く言われている事ですが、売買もそれほど行われていないような流動性の乏しい子会社が上場し続けたとしても、上場維持コストが余分にかかるだけで、とくに上場しているメリットはありません。
非上場化させれば上場維持コストの減少につながります。


以上のように、グループ全体の管理面を考えると、『親子上場は廃止されていくのではないか』と思ってます。



※MBOするであろう企業を前もって買っておき、親会社による株式交換もしくはTOBを待つという戦略もありなのではないかなと思います。
株主比率の親会社割合が50%超であり、PBRが1倍を大きく下回っている銘柄を中心に物色中です。(ここで直近の業績が良かったりするとなお良い。最悪、業績の向上による株価上昇で逃げれますから☆)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。