スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップファンドマネージャーの負けない株の黄金則

トップファンドマネージャーの負けない株の黄金則

紹介するのは、ひふみ投信のファンドマネージャーである藤野英人氏・著書の本です。
発行は2005年とまだライブドアが元気の頃の時代ですが、書籍のなかで書かれている内容は時代を経ても色あせている感じがせずに、新鮮です。それはこの書籍で書かれていることが小難しい投資のテクニックではなく、投資の原理原則だからだと思います。

下に自分が感銘を受けたページをちょこっと紹介しますね(^^)/


(P.27お金の力を使って社会を動かす)
お金をどこに投じるかで世の中は大きく変わると言ってます。
いまの日本に照らし合わせると、例えば原子力に変わる代替エネルギーを開発する会社にお金と人材を絶え間なく流し込む。時間はかかるけれど、必ず低コストの代替エネルギーは開発されると思います。この開発によって、世界中の人々を安心させる。そう考えるだけで夢がありますね。(利益を度外視してはお金は集まりませんが、利益=世界中の人々の安心という発想が普通な世の中であってほしい。これだけ便利な世の中になったのだから。)


(P.42経営者の語る未来に投資する)
堀江さんが昔、フジテレビと提携(買収)しようとしてかなり叩かれましたが、いまになってあれは単なるお金欲しさだけの買収じゃなかったんだとわかります。フジテレビの後はソニーを買収して、スマートフォンをつくりたいとテレビで言っていました。
いやはや、経営者の見てる未来を僕が想像しようとしても、なかなか難しいものがあるのですけど、そういったところを投資家として見ていけるように感性を磨いていきたいです(^^;)

誰かの有名な哲学者?の言葉に、「人間が想像できることは全て実現可能なことである。」的な言葉があったと思いますが、あれが真理である世の中であってほしいと思います☆


(P.62投資に秘訣はない)
ここでは三つのポイントを紹介しています。
「投資は小さくはじめること」
「投資はのんびり続けること」
「長く続けること」

自分はまだ7年間しか投資を経験していませんが、この言葉は心にスーッと落ちていきます。
小さくはじめるのは、冷静さを保つため。
のんびり続けるのは、会社の成長を楽しんでもらうため。
長く続けることは、景気の1サイクルを経験してほしいため。

7年間ですが、7年前の頃の自分の無知さといったら、情けないにも程があるほどです。苦笑
いずれにしても長く続けることが一番大事かなと思います。


(P.80常に中庸の心を持つ)
ここでは、常に失敗から学ぶ姿勢を大切にしなさいと言われてる気がします。
55勝45敗で相当優秀な投資家と書かれてます。
投資のプロでさえそう言っているのだから、良いリターンをあげたからといって勘違いは決して出来ません。

2008年より投資を再開しましたが、きちんと分析したつもりで投資していた銘柄が、自分の予想した通り業績の向上をしてくれたのは30~40銘柄中3銘柄だけでした。それもおそらく偶然かと思われます。
(たいていの銘柄は利益はでているものの、結局、大きな景気循環の流れに便乗してるだけというものです。)



【絶対に見てほしい・参考にしてほしいページ】
投資の発想を養うという観点から、CHAPTER5の「負けない銘柄選びの黄金則」です。
詳しくは本書を読んでみてください。四季報の読み方なんかものってます。

あと初心者の方にはとくに、CHAPTER6がおススメです。
ここ書かれていることを守ってもらえれば、大きく失敗することはないと思います。
相場のタイミングによっては驚くべき利益をあげることができると思われます。
株価指標の基準がとくに絶妙で素晴らしい☆



トップファンドマネージャーの負けない株の黄金則」 藤野英人氏


プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。