スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し振り返る

ここ最近の投資の留意点を箇条書きしてみました。

①現金比率に重点を置く
②銘柄にほれ込まない
③損切り(分析ミス)は躊躇なく実行する



①現金比率に重点を置く
不測の事態が起きた時にすぐに対応できるような準備があると精神的に楽。
基本姿勢は5:5で維持。

②銘柄にほれ込まない
これは監査を通して経験したこと。業種によって差はあるけれど、納得のいく銘柄分析を行うには会社内部に深く入らないと出来ないと感じてる。もちろん、自分の能力を過信しすぎないことも大事。

③損切り(分析ミス)は躊躇なく実行する
誰だって自分の都合の良い方に考えてしまうもの。そういった甘えはこのルールで排除するようにしてます。


客観的に見ると、少しでもリスクを減らすことに重点を置いているなぁ。
比較的安定した運用成績に落ち着くかわりに、資産の大幅増のチャンスを捨てている言えばそうではあるけれど。
この姿勢で落ち着いているってことは、いまの小心者の性格と運用方法の相性がいいってことなのかな。



スポンサーサイト
プロフィール

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。