スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年前半のまとめ

過去半年の売買履歴を閲覧。
失敗取引の多さが目に付きます、、勝率はだいたい20%ぐらい。

たいていが市場が反応する前に銘柄の見通しを修正(勘違い?)して早めに損切りor利益確定させてしまっているものが多く、そのまま保有し続けていれば、かなり良いリターンを収めることができたものが多い。まぁ、基本的にはほとんどが上昇していたので、待てばいつか来てくれる相場だったんですが。。

分析の中心が決算書であり、過度な自信も持たないようにしているので、勝率は仕方ないのですが。


1月
体調を崩してたこともあり、ほとんど取引できていない。昨年保有分をそのまま持ち続けるぐらいの程度。
証券株としてGMO(9449)を、配当率の高さor自社株買い期待であおぞら銀行(8304)あたりが主力。ただし前者はあまりにも反応が悪かったので早々と利益確定、、、、するとその一週間後ぐらいから出来高がぐんぐん増え始める。こういった勘違い取引が多かったです。あとエスクリ(2196)をかなりくらってます。個人投資家に低成長の烙印を押された形ですね。


2月
この月から本格的に開始。
不動産関連として全国保証(7164)が主力。あとは昨年来の保有分を中旬のミニ急落時に手放してしまう。
それと、このころから、すでに「株価は高すぎる!」との判断のもと、大型株の空売りを実施していました。確か裁定買い残が6兆円近くまで跳ね上がってるのを見て(結局は誤報だったんですが)売りを入れたんだっけ。ほとんどがトントンで終わってます。


3月
地味な割安株を組み入れた結果、波に乗れなかった月でした。


4月
サクセスHD(6065)が印象的。ものすごく速く降りてしまったのが悔やまれるところですが、そんなもんですよね。あとはマネースクエアJ(8728)をちょこちょこ利益確定し始める、なんか潜んでいるにおいがぷんぷんしてたので。


5月
GW明けにポジションを徐々に落とし始める。さらに中旬から空売りを開始。裁定買い残が崩れるような出来事が起これば、ファーストリテイリング(9983)はひとたまりもないだろう、、、という判断から空売り、、、したものの、急落翌日にリバウンドが怖くなってすぐに買い戻す。2月中旬と3月末の経験が脳裏をよぎっちゃいました。

2月からあれほど構想を練っていながら、裁定買い残が解消するまで売り持つことができなかった。プットオプションもおおむね翌日回収。持ち続けることはできなかった。


6月
とくにこれといった取引はせず。



今年の目標リターンは運よくクリアできましたが、2013年後半は資金配分に注意しながら、もう少しだけ信念を持てるような特別な努力をし、持つことにしようと思っています。まだ努力が足りない。

スポンサーサイト
プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。