スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄選択

銘柄選択さえ間違わなければ、大失敗することもなさそうな相場かな、というのがいまのところの印象。成長しているところはやっぱり強くて、こういった銘柄は相場全体が下落しても全体以上に下落することもなく、かつリバウンド時の反発タイミングがすごく早くてきちんと上昇トレンドへと戻っていく、、、この辺が特徴として見られるって感じてます。まぁ自分の監視銘柄の中だけの話かもしれませんけどね。笑


個人的に今年注目している銘柄群は『東南アジアや東アジアの中間所得層の台頭の成長を享受できる銘柄』です。インドネシアなんかで賃上げデモが行われている風景をニュースでよく目にしますが、まさにこういった人々の所得向上を成長の糧にできる銘柄です。

いまの市場視点では『円安=電機・機械・自動車等の製造業の業績UP』というのが一般的ですが、一昨年あたりからこれまで日本国内を中心市場として活躍していた銘柄の業績が成長企業といえるぐらいの成長を遂げ始めようとしているんですよね。マンダム(4917)ロート製薬(4527)江崎グリコ(2206)パイロットコーポ(7846)シャクリー(8205)などなど。

日本製品の質の高さは何もテレビなどの電化製品や自動車などに限った話ではないって視点を意識して銘柄を物色していくと面白いかなぁと思ってます。ただ円安維持がイメージできなくなったら、この視点もしぼんでしまうけど、、リスクゼロはありえないからなぁ。


※今年二発目の日記。買える銘柄が少しずつ増えてきてるので日記もこれから増えていくだろう。
あと遅いネタだけどリソー教育(4714)が粉飾でえらいことになってましたが、基本的に『大手監査法人から中小無名監査法人への変更はほぼ100%会計処理の見解ですれ違いがあると思っていい。』と個人的に思います。大手はそういうところからは早々と手を引きます、そんなリスク背負えませんからね。。

まぁオリンパス(7733)のような例外もありますが、、あの変更時(あずさ→新日本)は先輩と『これなんかあるんじゃない?』と隙間時間に面白半分で有報あさって『有価証券怪しいね~。』、なんて話したのを覚えています。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。