FC2ブログ

2018年の運用状況

≪メインPF +1.8%≫
2017年の頃と同じノリ(業績相場)で売買、2~3月に直撃も4~6月に持ち直す。あとはリバウンド狙いの買いもやってみましたが、慣れてない為、失敗することも多く、ほぼ何もやってない感じです。まぁ、、私生活でバタバタすることもあり、夏以降集中できなかったという影響もあるかな。
・9月に様々な銘柄のチャートをチェックした結果、多くの銘柄(好決算)で資金流入がない現象を確認し、ディフェンスを固めた結果、10月以降にさらに資金が引いていった形でした。どうも10~12月にヘッジファンドの解約などが多くあったようで、その換金売りだったのかなと思います。
・米国の緩和縮小の影響が市場に出ました。2017年の頃も緩和縮小に動いてましたが、ちゃんと時間差でセオリー通りに市場は反応してきました。

≪サブPF +0%≫
2017年11月にはリスクオフを開始していたが、2~3月の暴落はそこそこ受ける。4~6月はシステム開発系企業で元に戻すも、その後は中長期投資でいけるような環境ではなかったので現金化させて様子見。


 2018年は以上のような感じでした。偶然ではありますが、2011年の頃にマネーの歴史をさらっと勉強した成果が表れたのかなと思います。もともとFRBが金融引き締めに動いたらディフェンシブな運用に変更しようと決めていたので、そのセオリーに従ったといえばそれだけなんですが、2019年に入っての相場環境を眺めてたら、セオリー通りには進まないかもしれないように思い始めてます。

FRBが利上げ路線急変更(利下げ?)、かつ量的緩和再拡大(QE4)に動いたら、ITバブル時のようにエンジン再点火できそうですし、それに重要なのは、まだまだ投資家はお金を余らせている点。昭和37年の二カイ・一ヤリ相場じゃないですけど、欲望の炎は燃料(マネー)と引火対象(投機対象)がある限り燃え続けるってのは過去の金融市場でも見られます。

結局、大半の投資家が大怪我するまでは終わらないんですよね。
多くの退場者を出して、はじめて大相場は終焉を迎える。そして閑散とした市場に希望をもって新参者が参入する。過去を経験していない新参者によって新たな大相場が形成されるも前回の大相場の終焉を経験していないので、最終的には新参者の大半が退場者となっていく。これが歴史は繰り返すってヤツなんでしょうか。

※ITバブル崩壊や、リーマンショックをちゃんと経験していない自分は所詮は新参者。書物でその知識を得たとしても、現実の経験に勝るものはないので、謙虚に向き合っていきたい。そしてブログも流石に今年からちゃんと更新していきたい。笑
スポンサーサイト



プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事