スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季報読書

昨年の秋の頃のように割安な銘柄が転がり始めています。

ただ四季報の業績予想はすべてがすべて正しいわけではないので過信はしないようにしています。


とある会社の財務経理部長に話を聞くと、アンケート調査とヒアリング調査があるようですが(新興企業の場合です。)、短信で開示している業績予想と裏業績予想(短信よりも良い数値でこちらが企業にとっての本当の目標値)を伝えて、あとは現状をしゃべるぐらいで、だいたい終わりと言っていました。(このときに景気のいい話を付け加えたりすると、裏業績予想が出たりするようです。おそらく四季報担当者が強気と判断するのでしょう。)


数値自体は業績予想(会社の予算計画)をもとにはじきだされているので、単純に下方修正常連の企業の数値は注意した方がいいと個人的には意識して読んでます。いっそのこと、四季報は無視してもいいかもしれないと思いつつあります。経験上、自分で短信を読み返して、企業の現状を分析した方が正しく判断できてますから。

ただ、記事にはたまにホットな情報が書かれてたりするから、記事だけは最大限に利用してます。



※ギリシャ選挙の結果次第で市場は荒れるのかもしれませんが、離脱するもしないにしても、ユーロ体制の欠陥がなおるわけではないので弱気に構えてます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。