スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月の運用

・全体感
例年と同じように下落を意識していたが、米国市場の好調さに引っ張られて、中旬まで株価は堅調でした。堅調、、、とは言うものの、出来高の少なさを見ると、積極的には買われてなかったようですが。

大型株がアレなので新興市場の割安株に資金が流入してくれたのかな。これらは8月に仕込もうと思っていたが、拾うつもりだったものがどれもこれもバカスカ上昇してしまった、、、、拾えずに終了という感じです。
(5月の大幅下落で需給がかなりよくなっていたんでしょうね。あと保有者が恐怖を感じるような事態は起こらなかったのも大きな理由かなと認識。)



・オプション取引
まだまだ研究が足りなかったようで資金配分で大きく失敗。
欧州金融危機や中東戦争・日本地震など避けられない・ありえない危機イベントに対する保険としていくつか保有しておこうと考えていたのですが、資金を多く投じすぎてしまった。9月はもう少し少な目に。。



・今後の見通し
中国景気悪化の日本相場に与える影響が大きくなってきました。中国関連の外需はもちろんですが、ほとんどの外需が売られ、そのかわり内需はまだまだ買われている。(海運・鉄鋼の下落が尋常じゃないのでかなり心配。)
この内需株が買われにくくなってきたところで大きな下落がおとずれるのではないかなとおぼろげにイメージしています。具体的には内需株の業績悪化ですが、、、こういうのはたいてい妄想で終わることが多い。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。