スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休憩中

9月に入って、しょっぱなから投機失敗。
単純な空売りの踏み上げにあってしまう。

踏み上げ狙いの買いが入っているのでは、、、と感じながら売り増してると他の空売り手のロスカットが発動。おいおい、、、と驚いて買い戻したところが天井、、、という笑えない話でした。

直近の業績を見ると買われないような銘柄、かつ既存保有者から見るともう少し様子見したい銘柄は今後気をつけることに。(ただ、ひふみ投信は当該銘柄のポジションを8月中に解消させてたのでタイミングは間違ってなかったと思ってる。さらに売り増していったのが失敗だった。)



前半の貯金が大きいのでいろいろ試そうと調子に乗りすぎた結果とはいえ、痛みを知ってはじめて成長できるものなのでこれも必要コスト。




パラカ(4809)
SBSHD(2384)

この二つは監視銘柄の中で直近の出来高が少しずつ増えてきているものです。
共通点は「割安+好業績」である点なんですが、ひとつだけ抜けている点があって、それは「高成長」。

好決算が出ても成長性に乏しいため、たいていひと噴きで終了してしまうタイプの銘柄なんですが、長い期間をかけてどちらも少しずつ地合いを固めてきており、そろそろ、、、という感じでしょうか。ワッツとかもそうですが、こういった銘柄は比較的わかりやすくていい。

ただ明日の四季報が悪かったりすると、売られそうではあるんですけどね。苦笑



※買いたい!と思えるような銘柄がめっきり少なくなってきました。
四季報を通読してまた新たにネタを仕込もう。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。