スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな試みと失敗

金融緩和のおかげもあって、中小型株に資金流入してきてくれました。
これで前半の空売り分をある程度取り戻せたんですが、、、中盤にQE3に再度やられていて、2~3日耐えれば中国デモの恩恵で利益が出てたのですが、、、、空売りは難しいですね。


最近は新しい試みをやっては損失を出して、その損失を中小型株の上昇で補うというなんとも苦々しい経験ばかりしています。資産は横ばい推移。


金融緩和に踏み切った以上、株価は上昇していくものだと思いこんでいますが、今後の中間決算にあたって、けっこうな企業が下方修正してくると見ています。そのため、「果たしてここで強気に買いこんで良いものかどうか、、、」という葛藤と戦う日々。

大型株が崩れると投資マインド悪化なのかしらないが、中小型株に時間差で波及してくるので慎重にいきたいですね。






注目銘柄その1:ブロッコリー(2706)、USEN(4842)
特徴:利益に対して株価は割安であり、個人投機家が取引しやすい銘柄。決算前になると暗黙の了解のごとく上昇を開始し、大口を待つ展開に。好決算の場合、翌日の株価は高値スタートとなり易いが、前述のように個人投機家の比率が高いのでたいていは大きく上髭をつけて、その後下落する。高値掴みに注意。

マネーゲームになり易いので注意が必要です。



注目銘柄その2:ネクスト(2120)、アニコム(8715)
特徴:利益に対して株価は割高であり、個人投資家は参戦してこない銘柄?決算が好決算の場合、株価は上昇するのだが、特徴的なのは上昇が継続していく点。日中足を見ると、どうも誰かが意図的に買いあげているようにも見える。

こちらはこの夏に恩恵を受けさせてもらった銘柄の一部。割高に見えるんですが、なぜか買いあげてきてくれます。投信が買っているのでしょうかね。


※四季報読んで買いたいものリスト更新中。四季報の業績予想って、けっこう詐欺に近いなぁ(笑)って感じることが多々ありましたが、四季報の業績予想は会社の予算計画をもとにしてるものが多いので、会社が甘く見てるってことですかね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。