スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレジャーファクトリーやワッツとか

トレジャーファクトリー(3093)の中間決算

上期の売上高の成長率13.9%、営業利益の成長率38.9%。
決して悪い数値ではないのだが、株価の方が伸びすぎていたために出尽くしで下落。また直近で月次売上の記録が落ち込んでいたにも関わらず株価を押し上げられたのも大きかったと思われます。

7月、8月と既存店売上は落ち込んでおり、9月も回復には至っていませんので、短期保有者的には悲観度合いはけっこう大きそうですね。今後の株価も横ばい、もしくはジリ下げが考えられますが、この企業は下期に売上・利益が増えるのでそのあたりを理解している長期視点の買いが入ってくるとは思います。ただ、どの水準で買いを入れてくるかまではわかりません。

6月上旬以降、躍動した買いが見られたので『大口が入ってきてるなぁ。。』とは思っていたのですが、8月中旬以降の大きな買いは流石にやりすぎだと感じます。月次が悪化しているのに大きく跳ね上がり、その後出来高が増えている、、、買いこんだ方はここでかなり売却できたのではないでしょうか。



ワッツ(2735)の決算短信

売上成長6.7%、営業利益成長13.1%、ワッツらしい低成長ぶり。
次期予想は売上成長3.5%、営業利益成長11.9%、これまたワッツらしい低成長目標。もう3年以上の付き合いになりますが、過去に社長がIR説明会で話していた戦略通り(低成長)で今のところはブレがないです。



USEN(4842)の決算短信

売上・利益ともにおおむね予想と同じ。
次期予想も同水準。投機目的の購入者が多いと予想されるので、いったん出尽くしで下げることが予想されますが、これも全部大口次第です。ただこの手の銘柄の大口保有者は短期投機家がほとんどなので、おそらく逃げるような気が、、、インターライフ(1418)やレイ(4317)を見ても逃げてますしね。



クリエイトレストランツHD(3387)の中間決算

売上高6.5%、営業利益11.5%の成長。
ここ最近の株高は自社株買い⇒自社株消却が大きかったです。企業努力による業績改善効果を見込んでの買い手はここでいったん売却した方も多そうですね。今後の株価動向は予想しにくい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。