スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

klabの3Q

klabの3Q短信

懸念していた通り、さっそくソフトウエア(SNSゲームコンテンツ)資産の減損250百万円。
この特損はリリースしている本数の多さとヒットしている本数の少なさを比較すれば、おそかれはやかれ出て来るものだろうとは読んでました。

コンテンツ資産の計上なんてものは費用の先送り手段の基本中の基本ですが、半年たたずに減損させてるところを見ると、監査が機能しているようにも思えるんですが、、、、費用区分の付け替え感(売上原価⇒特別損失)は否めない。「なぜ前期から、この会計処理やらなかった??」って話ですから、おそらく意図的とみてます。

前期末のソフトウエア資産が50百万円、第1Q末が推定500百万円、第2Q末が推定900百万円、、そして今回の3Q末が推定1,000百万円、、、違和感ありすぎ。


費用の先送りといっても会計上認められている方法(見解は分かれそう、、、自分なら嫌)ではあるので、粉飾ではないと会社は言うと思いますが、明らかにSNSゲームで一発あてるまでの窮乏策だと。ラブライブや今後リリースされるコンテンツの売上が順調にいくならば、特損で落として終了の話ですが。

このあたりを気味悪がって、今後さらに売り込まれるようならば、また買ってみるのも面白いかも、、博打用の資金で。なにしろ売上が順調なら、IRでアナウンスしてくれる企業ですからね。


※欲しいと思っていた銘柄(3175)が下がってこない理由がようやく判明。やはり機関投資家が買ってた、、、HPに載ってた。いまは決算まで材料もとくになく、買い圧力も少なくなり、株価も徐々に下がりつつある。PER20倍以上の銘柄を買うなんて昔は考えられなかったけど、頃合いを見て再度買ってみようと思う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。