スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利の上げ下げする時代から緩和するかしないかの時代へ

せっかくブログ再開しようと思ってたけど、、売買控えたほうがいい期間に来てますね。
欲しい銘柄はたくさんあるんだけど、直感的に買っちゃいけないって意識があって、ほぼノーポジ期間が続いてます。

業績はいいんだけれど、先行きとチャートの出来高推移を見るとどうも、、、米国緩和縮小が前提にある現状で、世界経済の取引が活発していく姿が見えないんですよね。あと中国需要の落ち込みをカバーできるだけの代替先も見えないですし。

日本市場としては、とりあえずマイナス金利が導入されてるから、ここからさらに少し大きめの財政政策とさらなる追加緩和(外為特会の米国債買いかな?)をセットでやる、あとその前に衆議院の解散選挙(消費増税凍結)でもしてくれればいいんだけど。
これぐらいすれば世界経済の縮小過程で若干だけど抗える感じはする、、、

NISAと投資信託以外はほぼノーポジ。
個別銘柄の基本目線はリバウンド狙いでちまちまやる予定、休むも相場と思おう。
(米国がQE4に動くまでは様子見って見方もあるかも。笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。