スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット関連銘柄1

【ネット関連銘柄1】
①プロトコーポレーション(4298)
②ネクスト(2120)
③エムスリー(2413)
④エスエムエス(2175)


以上の4つのネット関連銘柄の株価指標を用いた割安度分析を実施。
1位は3点、2位は2点、3位は1点。

☆収益割安度比較(PER)
8.67倍  3点
②13.63倍 1点
③34.76倍  
④11.50倍 2点
※来期予想当期純利益をもとに算出。


☆資産割安度(PBR)
①1.83倍 2点
1.67倍 3点
③9.29倍 
④3.25倍 1点


☆資本成長性(ROE)
①22.9% 1点
②13.8% 
③29.3% 2点
34.8% 3点
※ROE=来期予想利益/期首資本


☆利益成長性(PEGレシオ)
①8.67倍÷14.7%=0.59 3点
②13.63÷マイナス=測定不能 
③34.76÷20.7%=1.68 1点 
④11.5÷9.8%=1.17   2点
※会社予想営業利益の成長率で除算



☆総合発表(株価指標の割安度の結果のランキあング)
1位 9点 プロトコーポレーション(4298)
2位 8点 エスエムエス(2175)
2位 4点 ネクスト(2120)
4位 3点 エムスリー(2413)


第一位はプロトコーポレーション(4298)でした、業績・株価ともに安定している個人投資家にも人気のある銘柄ですね。
第二位はエスエムエス(2175)。介護銘柄が平成21年度の報酬改正を受けて好業績を連発していますが、ここも隠れた介護銘柄。介護関連サイトを見ると、よくこの会社の提供しているサービス(システム)の広告と出会います。介護事業者のインフラ銘柄です。
第三位はネクスト(2120)。不動産サイトと言えば、この会社の『HOME's』が圧倒的なシェアを誇ってます。2011年1月より新課金形式に変更されたことにより、現在苦戦を強いられています。株価も落ち込みが激しく、チャートが崩れてしまってます。個人的には経営者が嫌いじゃないので応援してます。(買ってはいないけれど^^;)
第四位はエムスリー(2413)。今回の比較基準では、ビリだったのですが、財務・業績内容を見るとダントツの1位です。キャッシュがどんどん溜まっていく優れたビジネスモデルが特徴でしょうか。またソニーグループの一員でもあります。(いずれは親がTOBかけてMBOしてしまう?)


どの会社もキャッシュがたまり易いのが特徴です。設備投資にお金がかからないですし、かかるのは人件費。この人件費を固定費とみなして様々な角度から分析していくと面白いかも。(あと宣伝広告費の推移に注目すると面白い。)

プロトコーポレーション(4298)の分析は特に面白かったです。過年度分の業績推移を見てると、営業利益率が大幅に向上する時期があります。沖縄にデータセンターをつくったことによるものです。
数値となって表れてくる前に、このような変化を掴むことができるような分析力・経験力・直観力を少しずつでも積んでいければ、投資がより面白いものになるかもしれませんね(^^)/


※低PBR銘柄のPLANT(7646)の株価回復に伴い、リスク(保有数量)を減らしました。
低PBR銘柄が買われてきています、相場が変化してきたのかな?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。