スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資スタイルの見直し

注意!!
(今回の記事はかなり主観が入ってます。初心者の方はこれを読んで納得してはいけません。書き終わった後、読み返してみると主観だらけだったので注意文を冒頭に書いておきますね ^^;)



震災後の取引は短期投資ばかりとなっています。

ただ短期とはいうものの、流行りそうな材料銘柄を物色し、注目されることを見越して投資するという類いの短期投資ではなく、既に企業分析済みで昔からフォローし続けてる銘柄に短期投資するという手法です。


保有が途切れるということなく、株数を調節する(500株持っていたのを400株売り、下がったところを再度400株買う)というイメージで投資しています。

ただ自分の知らない銘柄だと、かなりアクロバティックで一歩間違えると恐ろしいことになるのですが、自分が特に業界に精通していて、理解出来ている企業であると、感覚が違うのがわかります。

『大局的に見て、経済的に震災の影響は受けないのにもかかわらず、相場全体の影響から出来高が少なくジリ下げになってるなぁ。』

そう感じた銘柄を株数多目で拾ってます。
安心感から買いが入るようになると売却し、再度現金比率を高めます。




他人には絶対にお勧めできないような手法なんですが(^^;)、今のところ自分の感覚を信じてやってしまってます。

思ったように動かなかったとしても、自分が理解できてる企業なので、それほど不安になることはいまのところありません。気付くのに時間がかかってるだけ、と含み損のままにしてます。

そして最悪の事態を考慮して、常に現金比率を高めに設定してます。大幅に拾わないように。
完全な過ちがあった場合に手痛い打撃を負わないようにです。




やはり他の人には絶対お勧めできないような投資スタイル。

金融危機以降、現金比率は常に高めになるようにしています。
全くの直感なのですが、これだけはお勧めできるかなと思ってます。
自分が投資先の企業を理解出来ていると思ってるかもしれないが、実は全然理解できてないことが大半だから。そして不測の事態に際しても、大量の現金保有があると、落ち着いて対処することが可能です。

守りながら攻めるイメージなんですが、このまま上手くいくかどうかはわかりませんが、とりあえずはこの方針で投資を行うのが性にあってるようです。

昔は長期投資!長期投資!と自分が良いと思った企業の銘柄は、半ば洗脳されたかのごとく保有し続けてました。いまは長期投資にこだわらないようにしています。投資環境に合わせる方を優先。


※既に2月決算の決算短信がいくつか発表されていますが、来期予想を行っていないところが散見されます。事業計画の見直しがどこも行われているようですね。既に株価に織り込まれているとは思いますが、このまま3月決算の決算短信発表で同じような発表(来期予想なしor下方修正)が続くと、相場環境もだいぶ変わってくるのではないでしょうか。
プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。