スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業績回復型投資法(実験)①

「PERで割安、PBRで割安、年間でだいたい5%程度の売上成長が見込める銘柄。」

ポートフォリオの30~50%は上記のような銘柄が入っているのが現状でした。


少し刺激が足らないということで、以下のような銘柄を狙ってみました。


「PERで割高、PBRで割安、次年度は5~10%程度の一時的な売上成長であるが、営業利益以下は大幅増益する銘柄。」


スクリーニングではなかなかみつけにくいので四季報を通読してめぼしい銘柄を探してみました。

10社程度みつかったのですが、次に選定した銘柄と同業種の銘柄がV字回復しているかどうかを検証。

これは「同業種ならばきっと同じ風が吹いているはずだろう。」、という単純な見解によります(>_<)

また同じ風が吹くからには、決算期が他の同業種と比較して、少し後ろにずれている銘柄を選定。
(直近の決算内容では黒字転換しており、株価は一時的ではあるが大きく噴いて50%増になっているのを確認。)

さらにいつでも逃げれるように月次情報を発表している銘柄に限定して、リスクをとことん減らす。


後は売上成長の根拠であるが、これはまだつきつめられていない(^^;)
得意先の業績を確認(有価証券報告書の資産明細・売掛金からわかります。)している程度で、あとは同業他社の勢いに依存している部分大(同業他社が好調ならば、、、というやつ)。


株価の下落リスクは、サブプライムで下がりきっている現状を考えると、相当な低さなので思い切って投資していく予定。
(すでにいくぶんの買い付けは終了。追加投資は未定だが、タイミングとしては突発的な出来事に照準を合わせている。最悪の場合、逃げるためです ^^;)


遅くとも今年の暮れには結果が出ているはずなので、そのときに銘柄を開示予定。
(いずれにしろ成功か撤退か、結果が出たときに開示します。)


※業績回復型投資法とは言ったものの、一般には低位株投資といわれてます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。