スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名証IR EXPO 2011 

平日は行けないので土曜日に行ってきました。
名証IR EXPO 2011) 

実際に行って話を聞いてきた企業は次のとおり。
・三栄建築設計
・今仙電機
・中央紙器
・VTホールディングス



・三栄建築設計
狭い土地に三階建ての家を作ることができる技術に強みを持つ。(ニッチ戦略をとっている不動産会社です。)
東京都内では圧倒的な強さを持っており、その技術を今度は名古屋、大阪で試していくようです。
H22.8月期の決算内容について疑問点があったのでそれについて聞くと、
「この決算は金融危機以降に安値で仕入れが行えたから、異常に利益率が上がった。」とのこと。
また、「この年は例外ですので、ご注意ください」とも伝えてくれました。

なんでも金融危機発生後に、当社は一気に値下げを敢行し、他社に先駆けて在庫を圧縮できたようです。そして、他同業会社が過剰在庫・資金調達難に苦しんでいる隙に、当社はスリムな在庫状況・好調な営業成績を背景に金融機関から資金調達を行い、安値で土地を拾っていったとのことです。(それがあってのH22.8月期の利益率が達成できたとのこと。)

同業他社の状況も同時に聞くことができたので、そこそこ収穫がありました。



・今仙電機
自動車のシートアジャスタを作っている会社です。
H24.3月期は減益予想としているようですが、一番の得意先であるホンダの立ち直りが遅いようですね。利益が下期、もしくは次期にずれ込むと思われるので、フォローしていこうと思いました。


・中央紙器
段ボールケースを作っている会社。(トヨタグループ)
聞きたいところはH22.3月期より利益率が急激に改善していた点。
「みんなでコスト削減に励んだ結果だよ~。」と答えてくれましたが、本当にそうなのかな(^^;)
担当者の方々のノリが大手の子会社って感じがプンプンしました。笑
投資単元が1000株と高くて(90万円以上必要)、投資単元を下げる気はないのでしょうかときくと、

きっぱり「ない!」とのこと。

どうやら変な株主が入ってくるのが嫌なみたいで、とくに短期投資で遊ばれるもの嫌みたいです。
ただ事業の安定性がすごく魅力的ではあります☆きっと長期志向の株主が増えていくはず(^^)



・VTホールディングス
東海圏の自動車ディーラの会社です。
自動車ディーラーの会社は比較的どこも割安で放置されており、ここも例外ではありません。(PER3倍以下です。)
今まで自動車ディーラーのビジネス収益源について調べたことはなかったので、担当者の説明を聞いたときに、ちょっとした感銘を受けました。(まぁ、ただの勉強不足ではあるのですが^^;)

割安な理由として、有利子負債が高いなどの財務面を気にする投資家も多いと思いますが、借入金ができる会社っていうのはそれを可能にする強みがあるから出来るって捉え方もあります。(例えば、不動産会社なんかは借入金が多額に計上されているものですが、それは仕入れた土地や建物を担保にできるからです。)
まずは少しだけ拾ってみようかなって気になってます。


※ティアの社長さんの演説?も聞いてきました。業績内容そっちのけで自分の思い・ビジョンをえんえん語っていくその姿をじっと見ていたのですが、話を聞いている人の大半が老人の方々。もっと若い人に聞いてもらいたい!というオーラをところどころ感じました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。