スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業績は良いけれど株価はジリ下げ

ファンコミュニケーションズ(2461)1月の月次業績
前年同月比8.5%増。
アフィリエイト広告業界は底堅い成長が続いてはいるのですが、株価は低迷しています。
バリューコマース、インタースペースしかり、、、、ただ株価上昇を促すまでの爆発力が無い点が避けられているのだろう。

利益は増えているけれど、売上が大きく伸びているわけではない。
こういった特徴のある企業は株価もジワジワ下がってきますね、、、他に成長してる企業があるから。




<おススメの書籍>
日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい

ひふみ投信のファンドマネージャー・藤野英人さんの書籍です。
内容は簡潔に言うと、「日本株のインデックス投信を購入するよりも割安な小型株を購入した方がリターンがいいよ。」というもの。個別株をしている自分にとっては、納得の文面ばかりでした。

それほどインデックス投信に固執する必要もないし、少しの時間をとるだけで正しい銘柄選択さえ行えば、そこそこのリターンは手に入れられると思ってます。ただし、株式が割安な時という条件がそこには必要なのかなとも感じてます。割高時に投資しても意味ないですから。

将来の世界経済の先行きが見通せないような状況が投資時としては絶好のタイミングだと思うのですが、、、いまなんじゃないかな、と感じてます。



※この日本株のほとんどが上昇しているなかで、保有株のスギHD(7649)がふらふらと下落してきてしまいました。この動きもおそらくはリスクオンの流れの一貫なのでしょう。内需・ディフェンシブ株を売却して、外需株を購入するといったような。ファーマライズHDも下落してしまってきているし、ワッツは相変わらずです。

こういう時期は「業績は良いのだ。」というフレーズが頼りになります。(三栄建築のようなパターンはキツイけど。)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。