スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPCとか

NPCの第2Q決算発表

赤字は縮小したが、売上も減少しています。
在庫は一定、売掛債権、買掛債務ともに減少し、運転資金を転換社債が補う構図。
営業CFはマイナス。

業界自体が苦しい時期であり、この結果なのでしょう。
売上の激減、営業CFのマイナス等、このままの状態が続けばGCも避けられなくなるでしょう、黄信号です。
企業にとっては正念場ですね。



3月の運用総括
こういう相場時のために、割安株を保有し続けるのかという経験ができた月でした。
10数年後にまた似たような相場が訪れるかもしれないので、そのときのためにいろいろとメモをとっておく。

2012年2月の運用状況

2012年2月の運用状況

2月は日銀の金融緩和が大きかったですね。
国会で、白川総裁がいじめられてる(「あなたは仕事していない。」ってキツク言われてました。)のは知っていたのですが、即座に反応してくれました。白川さんからしたら、『お金を増やすだけでは経済成長はできないよ。』って言いたいのだろうけれど。ただ市場は素直に反応しました、金融緩和を待ってたようです。

金融緩和で通貨の信認が落ちる、、、という意見や、インフレが起こる、、、という意見もありますが、通貨の信認は少し落とした方が良さそうなの(円高⇒円安へ)と、インフレは物やサービスがあふれている先進国ではなかなか発生しづらいのが現状です。(価格は需要と供給で成り立ってますからね、供給をストップさせられればインフレには注意しないといけません。)


日本株は大幅高、どれもこれも上昇しています。
昨年8月から売り越されていた銘柄の買い戻しという表現の方が適切ですかね。


保有株はそれほど反応していません。

昨年の下落回避のために選択された保有株なのでしょうがないです、買い戻しも起こりようもありません、下落していなかったので。なので、むしろ逆に売られてしまいました、あまりに無反応なのでポイ捨てされて、上昇する方に移しているようです。(ワッツ(2735)はフィデリティ投信がその習性を利用して、保有株数をかなり積み増してました。これに乗っかって少し積み増し。)



<新規参入銘柄>
・Gテイスト(2694)
業績回復型の銘柄としては業績の安定面で評価できるかなと思い、打診買いをしてみました。
いまは株価も乱高下中、、、現状、短期目線の投機的な売買の占める割合が多いので、噴きあがったらすぐに逃げるというのを繰り返しているところで、買い増し分がヒットすればなぁ。

・大塚HD(4578)
大型株なんかに挑戦しています。
業績は順調、上場来高値を更新しつつ、少し乗っかってみようかなという感じです。
簡単な定量分析しか行っていません。

2012年1月の運用成績

お久しぶりです。
すっかり運用成績の更新のみの日記になってしまいました^^;
1月に入って試験があったり、身内のごたごたがあったりとせわしない日々が続いています。

2012年1月の運用成績


1月はユニマットそよ風(9707)がようやく復配できるだけの余裕を見せてくれたのと、三栄建築の下落が印象的でした。

ユニマットそよ風は予定通りの復配。たったの10円ですが、収益も安定しつつあるし、少しずつ上がっていくことを見ています。


三栄建築は1Qの結果が悪かったからなのですが、不動産の収益基準は引渡基準であって、業績に時期的なばらつきが生じるものです。契約件数は増えていました。



新規購入銘柄に、物語コーポレーション・ボルテージ等です。

前者は、月次は順調、上期の出店費用を考慮したうえでの上方修正なので業績的には良かったなぁという印象。ただ株価的には、、、やきもきしてる方も多いのではないかなという感じです。ワッツやPLANTで慣れているのでやきもき系の銘柄は自分好み。

後者はソーシャル系のゲーム。課金規制が不安視され、全体的に売り込まれてましたが、グリーの業績を見てもそうだけれど、まさに成長真っただ中です。そのぶん株価変動は激しいことが今後も予測されるので、とれる範囲でリスクを取っていこうかという意識で買ってみました。





※成長株投資も投資パターンに入れようと思って、メガネのジェイアイエヌや、スタートトゥデイ、サンリオ、モノタロウらを昨年の秋から監視してました。ジェイアイエヌは驚異的な月次売上とともに株価も二倍。中盤の二つは途中で腰折れて、最後の銘柄は横ばい⇒上昇に移行中。

メガネはいつ月次が悪化するかわからず、怖くて買えなかった。
中盤二つは、サンリオに手を出しそうになったが、やっぱり怖くて買えなかった。
唯一買えたのはモノタロウでしたが、これも怖くて少しの利益で売却。

結果わかったことは、、、自分には成長株投資は怖くて無理みたいでした。
(購入する時期を限定して挑戦することにしよう。。)

2011年の運用成績

振り返ってみると、2011年は投資パターンを増やしていこうといろいろと試している中で、思ったよりも成功してしまったという内容でした。


意に反して成功してしまったり、思惑通りに成功してしまったり、怖いと感じて手を出すのを控えていた銘柄が株価上昇していたり、いけると思惑で買った銘柄が思ったよりも決算で利益が出ていなくて急落の憂き目にあってしまったりと、なんだか落ち着きのない投資だったのに、リターンが出ているのはやはり運が良かった、としか言えない。


来年度は2011年で得た教訓をもとにした銘柄選定基準のもと、投資をしていこうと思ってます。


中小型株の割安成長株が中心となりますが、それ以外にも大型株にも投資をし始めています。
また業績復興型の銘柄(ユニマットそよ風など)はもちろんのこと、先行投資型の銘柄なども試そうかと思って少ない単位でちょびちょび仕込んでいます。


年後半にかけては、自分の都合により面白みのないブログとなってしまいましたが、2012年は、ちょびちょびと気になっている個別銘柄を書いていこうとは考えてます。投資しているかしていないかは別としてですけどね。

2011年11月の運用成績

2011年11月の運用成績

残すところあとひと月ですが、12月は忙しくなるので、今年の売買はもう終了させて残りは来年度以降に反応する銘柄にしています。

仕込んでる銘柄がいつか上がっていくことはわかっている(業績向上が成長性を伴っている限り)のだけれど、それがいつくるかまでは予想できませんね。企業業績が思惑通りに進んでいるならば、じっと耐えることが大切だと今回嫌になるほど実感しました。

それにしても、いまの株式市場は割安銘柄で溢れすぎ。じっくり拾えるいい環境。
プロフィール

pepe

Author:pepe
上場企業等の会計監査・コンサル等を行ってます。

サイト:株式投資のイ・ロ・ハ

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。